1966    広島生まれ
1992    宇都宮大学大学院工学研究科建築工学専攻修士課程修了
1993    東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻黒川研究室

1993-99  穴吹デザイン専門学校専任講師
2000-    藤山建築デザイン事務所設立

2001-07 広島工業大学専門学校・非常勤講師
2002-   穴吹デザイン専門学校・非常勤講師
2003-   広島インテリア協議会・非常勤講師
2010-12 安田女子大学・非常勤講師
2014-   広島市立大学・非常勤講師



どうデザインするかではなく、デザインによって何が生まれるのか。

 

何かを生むデザインは「思い込みを捨ててみる」ことからはじめます。
そしてそのデザインは、未来へ繋がる「持続性」を持つことが大切と考えます。



私がデザインをする上で多大な影響を受けたのが学生時代からの放浪の旅です。
これまで訪れた国は十数カ国、五大陸に渡ります。

アメリカ・イギリス・フランス・オーストラリアの先進諸国。
アジアでは、中国・タイ・インド・トルコ。
中東、北アフリカでは、エジプト・イスラエル・イエメン。
南米では、ペルー・ボリビア・パラグアイ・チリ・アルゼンチン。etc

それぞれ違う文化圏を旅しましたが、特に開発途上国に学ぶことが多かったように思います。
砂漠や山岳地帯、亜熱帯の建築。これら電気やガスもない、バナキュラー(土着)建築は、
その土地の材料を使用し、気候に適した造形で大変興味深いものでした。
しかしそれだけでは説明がつかないほど、そこに住む人の誰もが幸せそうなのです。
それらの建築が、人を幸せにしているのは、”単に気候に即しているだけでなく、
その地域や文化から、生き方を表した建築だからだ ” という思いに至りました。
「思い込み」もなく、なにより生活から自由に導き出された空間は、
自然に”触合い”や”温もり”に満ちています。
これが、何世代も渡って持続できる建築ではないでしょうか。
構法や素材やエコ も大切ですが、いかに丈夫で、過ごしやすくとも
そこに住まう人の生き方を無視すれば 決して持続可能な建築には なれないでしょう 。

デザインそのものよりも、デザインによって何が実現できるのか、何が生まれるかが大切です。

デザインは”見た目”だけではありません。デザインによって”触合い”や”温もり”という現象を
生みたいと思います。

私は美しい建築を目指します。
そのためには、周辺環境や敷地のもつ力、
採光、通風換気などの自然利用、そして耐震、断熱
性能の向上等、様々な配慮が必要です。
しかし、それだけでは、「箱」のデザインになってしまい、 ”触合い”や”温もり”に直接繋がりません。
これでは持続性を持つことは難しいでしょう。

「思い込みを捨ててみる」ことから、本当の人の想いを実現できるデザインが見えてきます。
想いは人それぞれ異なります。それを建築表現すれば、”結果的”に個性的になるかもしれません。
しかしながら、愛着が生まれる建築になります。
この愛着は、ずっと利用していきたいという持続性に繋がるでしょう。

デザインの考え方は多種多様です。真のデザインは、人を幸せにする力があるはずです。

尚、私のデザインに対する考え方は、HP上の「ABOUT DESIGN」にて御覧ください。
現在、非常勤講師である穴吹デザイン専門学校「空間論」講義が主内容です。

 







Click △     インド砂漠住居


Click △   イエメン山岳住居


Click △   チチカカ湖 葦の住居


Click △ モーレア島 ポリネシア住居